放射能汚染、被曝から子供を守る方法

子供がいる親御さんは放射能汚染について、現状どうなっているのか気になるところです。この話題に関して、メディアや国はすっかりと風化させてしまいました。現状、気軽に確認できるWeb等の情報についてはいずれも国が関与する機関のものとなっています。さすがにでっち上げの情報をアップするとは思えませんが、安心したい人にとってはこの情報だけでは不十分でしょう。

では、どうすればよいか?被曝状況を検査できる設備あります。

 

被曝状況を確認する方法

内部被曝検査

内部被曝検査

医療法人博志会の指導の基、運営されている機関ですので安心はできると思います。検査費用は子供であれば僅か3,000円(大人5,000円)です。検査時間は10分程度なので小さいお子さんでも安心ですね。内部被曝状況を知ることだけでなく、デトックス等のアドバイスもしてもらえるようです。

 

予約→検査という流れです。予約はインターネットからできます。

http://kensa489.com/

 

僕は1年に1度のペースで子供だけは検査させようと思っています。チェルノブイリ原発事故では、事故の4年後にウィーンで子供の白血病患者が増えたという事例があります。原発事故との因果関係は定かではありません。

 

手遅れになる前にできることをやっておきたいなら、この検査をルーティンワークにすることはきっと良い選択肢になるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*